ダイエットをするための仕組みについて知ろう

ダイエットをするための仕組みについて知ろう

QOLを低下させないようにしつつ、ダイエットを行っているためには次のようなことを意識する必要があります。まず新陳代謝や消費エネルギーを摂取エネルギーよりも高めるということです。この構図をちゃんと行うことが出来るようになれば、体脂肪を減らしつつ健康的な体にしていくことが可能になります。

 

ダイエットを成功させるために、体に必要な栄養素まで摂取しなくなってしまったり、強引に体重を減らすような方法をしてしまっている人もいるのですが、これはダイエットを失敗する可能性が非常に高いだけではなく、体に大きな負担をかけてしまうことになりますから絶対にしてはいけません。

 

消費されるエネルギーとして、次のような種類と割合があります。

 

・体温調節や内臓の働きなどといった基礎代謝が7割
・食事を摂取して、栄養素などを摂取するときに熱が発生される食事誘導性体熱産出で1割
・普段体を動かしたりしたときに消費される生活活動代謝2割

 

この3種類の代謝を促進させることによって、食事によって取り込まれたカロリーを消費させることが出来るようになりますから、ダイエットをしていくことが可能になるのです。特に基礎代謝が全体の7割を占めていますから、基礎代謝を積極的に促進させるようにすれば、それだけダイエットをしやすくすることが出来るようになります。

 

もちろん、生活活動代謝なども高められるようにしたいところなのですが、基礎代謝を高めるのが一番実践しやすいですし、消費されるエネルギーを増やしやすくすることが出来るようになります。基礎代謝が高まれば、内蔵なども活発に活動をするようになりますから、美容などにも良い影響を与えてくれるようになりやすいのです。

メニュー
最新記事